不動産経営による資産運用

マンション経営とは

資産運用としてのマンション経営

マンションのオーナーになる

マンションを購入し自らがオーナーとなって行なうマンション経営。

このごろは豊かな老後をおくるための私的年金や、
資産運用のひとつとして、銀行への貯金や株式投資のかわりにマンション経営を検討する人が増えているそうです。

マンションのオーナーになるなんて、一般のサラリーマンではとてもムリ、という人も多いと思いますが、
確かにマンションの一棟購入は難しくても、このごろはワンルームだけを購入し、
そこを人に貸すというワンルームマンション経営という方法もあるので、
ちょっとがんばればほとんどの人がマンションのオーナーになることができるのだそうです。

マンションという資産の運用

マンションのオーナーとなることのメリットは、なんといっても入居者からの賃料が得られる、ということです。

株などと違って、ドカンと大もうけ…というわけにはいきませんが、
長期にわたりコツコツと一定額の収入が得られるというのはマンション経営ならではのメリットです。

もちろん、ローンを組んでマンションを購入している場合がほとんどでしょうから、
入居者からの賃金収入が得られたとしても、しばらくはローン返済のために賃料があてられると思いますが、
あらかじめ資金計画をしっかりとたてて購入していればさほど心配する必要はありません。

また、今後インフレが進んで貨幣価値が下がってしまった場合でもマンションを
所有していれば「現物資産」として活用することができますから、
長い目で見ても安心できる投資の方法といえるのではないでしょうか。

マンションのオーナーになるというと、
実際の業務とは別にオーナーとしての仕事もこなさねばならず、
管理や運用が難しいのではないかと心配する人もいるようですが、
入居者募集や入居者からのクレーム対応、建物のメンテナンスや家賃の収集といった細かな業務は、
専門の管理会社に行なってもらうことができますから、
マンションのオーナーとしての仕事に自信がないという場合も大丈夫。

忙しいサラリーマンや主婦の人などでも、実はマンションオーナーという人が最近増えているそうですよ。